リーダー
横手 啓佑
Keisuke Yokote

2020年9月入社
#SNSアカウント運用
#東京からのUターン
仕事面に関しては、いい意味で東京にいたころと変わらないと思っています。それぞれがきちんと責任感を持って担当している案件と向き合い真面目に取り組んでいる、それこそが宮崎の県民性だなと改めて気づき、誇りに思っています。

入社したきっかけや、これまでの経歴を教えてください

もともと宮崎出身で進学のため福岡へ、就職で上京し、2020年の7月まで出版社で働いていました。
いつかは宮崎に帰りたいと思っていたことや、コロナ禍の中で働き方や働く場所への意識も変わってきて宮崎へのUターンを決めました。
ただ、東京にいる状態での転職活動は難しく、どうやって仕事を探そうかと不安になっていた時に、宮崎の採用支援会社の方からソーシャルベースを紹介していただきました。説明会や面接もリモートで実施していただくなどご配慮いただき、本当に感謝しています。SNS広告の分野は未体験の分野でしたが、前職での経験も活かせる部分があると思い入社を決意しました。

仕事の中でやりがいを感じること・大変なことは?

SNSを見る専門だった自分にとっては、フォロワーや「いいね」の数など気にしたことはなかったのですが、自分が書いたキャプションが投稿され、それに対してコメントがきたり「いいね」を押してもらえると、とても嬉しくなります。フォロワーが増えればクライアントの商品を多く人に見てもらえることにつながるので、その辺を意識しながらキャプションを書いています。
それと同時に、多くの方に見られているからこそ「間違った情報を発信してはならない」という責任感も重要になってきます。誤字脱字や画像の間違いなどないか、投稿する際には細心の注意を払ってチェックするようにしています。

どんな人が向いている仕事だと思いますか?

スケジュール管理がしっかりできる人に向いているかなと思います。複数の案件を担当し、案件によっては毎日の投稿がありますので、日々のスケジュール管理が重要になってきます。そして、担当する案件の商品理解を深めることが大切なので、いろんなことに興味を持てる人や、どんな小さなことでも面白さを発見できる人が向いていると思います。
また、これまでSNSをあまり利用してこなかった人でも不安にならなくても大丈夫です。「SNSを利用しない人を引き込むにはどうすればいいだろうか、自分だったらどういうきっかけでSNSを利用しようと思うだろうか」と、ライトユーザーの視点で発信していくのも大切だと思います。

Uターン転職してみていかがですか?

宮崎にUターンしたてのころは、交通手段の少なさに戸惑ってしまいました。電車やバスの本数も少なく、車を持っていないと不便だなと感じることもありました。ただ、日々のストレスは減ったなと感じています。東京で満員電車に揺られながら通勤していたストレス、人の多さに疲れていたストレスがなくなったので、精神的な疲れを感じることが少なくなりました。
仕事面に関しては、いい意味で東京にいたころと変わらないと思っています。地方だからといって楽な仕事というわけでなく、それぞれがきちんと責任感を持って担当している案件と向き合い真面目に取り組んでいる、それこそが宮崎の県民性だなと改めて気づき、誇りに思っています。

お休みの日はどのように過ごしていますか?

宮崎出身ですが、実は行ったことない観光地(青島神社、サンメッセ、鵜戸神宮、etc…)がたくさんあり、新鮮な気持ちで観光地を巡ったりしています。
あとは東京にいるときからハマっていたサウナ(温泉)に行って、日々の疲れをデトックスして整えています。お気に入りは、宮崎第一ホテルのサウナで、広い大浴場とサウナ室、キンキンに冷たい水風呂が最高で、サービスで飲めるビールやお酒もあり大充実しているのでよく行っています!
また、実家の親から召集がかかれば農作業の手伝いに帰り、自然を感じながら親孝行もできているのかなと感じています。

一日の仕事の流れを教えてください

10:00 メールチェック、スケジュール確認、朝会
11:00 キャプション作成
13:00 休憩(最近、弁当作ってます)
14:00 カメラマンへの撮影依頼・イラストレーターへの依頼など
15:00 写真撮影・画像編集
16:00 夕方のミーティング
17:00 今日の投稿実施、確認・クライアントに投稿報告
18:00 投稿予約、翌日の計画
20:00 退勤(同僚と食事に行ったりなども)

Staff
社員紹介